MENUCLOSE

文字サイズ

地域医療の真ん中に

診療科のご案内
リハビリテーション科

特色と治療方針

  • 総合リハビリテーション施設として急性期リハビリテーションを行っています。

総合リハビリテーション施設として疾病や外傷によって入院された患者さんを対象に、理学療法・作業療法・言語聴覚療法を中心とした急性期リハビリテーションを行っています。リハビリ専有の病床はありませんが、各診療科の副科としてリハビリテーションを行っています。また退院後も患者さんの病状に応じて外来リハビリテーションを行っています。

診療内容

対象疾患や可能な検査、治療、手技

リハビリ診察:整形外科医交代制
スタッフ体制:理学療法法士21名、作業療法士7名、言語聴覚士4名

すべての診療科疾患が対象となりますが、特に四肢や脊椎の外傷や疾患、脳血管障害、呼吸器疾患、心大血管疾患、神経難病、がん疾患、その他腹部臓器疾患などで入院および手術治療された患者さんを主な対象としています。入院または手術後早期からリハビリテーションを開始することにより、患者さんのスムーズな回復への促進に努めています。心臓リハビリテーション室では、心臓の手術後やカテーテル治療後の患者さんに対し、専門的なリハビリテーションを実施しています。また、内分泌・代謝内科専門外来における肥満外来から入院の際に、減量治療を受けられる患者さんへの運動指導にも携わっています。

主な検査・医療機器

  • 心肺運動負荷試験システム
  • 運動負荷装置システム
  • トレッドミル・エルゴメーター
  • ADLシミュレーター

診療実績

  • リハビリ依頼件数

  • 延べ患者数

診療スタッフ

  •  
  • 稲垣 弘進

    リハビリテーション科代表部長
    兼整形外科病棟部長

    専門医・
    認定医・
    専門分野等
    日本整形外科学会専門医
    日本手外科学会専門医・代議員
    中部日本整形外科災害外科学会評議員
    東海整形外科外傷研究会幹事
    東海手外科研究会幹事
    日本整形外科学会リウマチ医
    日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
    身体障害者福祉法第15条指定医(肢体不自由)
    名古屋大学医学部非常勤講師
    医学博士
    臨床研修指導医
    専門分野:手外科・関節鏡視下手術
    略歴
    香川医科大学卒
    1991年医師免許取得
    2005年9月赴任

受診時の留意点

当院のリハビリは入院中の患者さんや、手術後や比較的重篤な通院患者さんを優先して行っています。

※受診の際は、受付時間・診察時間・休診日を必ずご確認ください。