MENUCLOSE

文字サイズ

地域医療の真ん中に

診療科のご案内
呼吸器外科

特色と治療方針

当科が扱う疾患の中で原発性肺がんは世界で最も人の命にかかわるがん腫であり、依然、患者数は増加しており、その傾向は日本でも同様です。肺がんに罹患した方々が外科治療により早い社会復帰、または平穏な日々の回復ができることを願い、当科は日々の診療にあたっております。
  • 胸
  • 腔鏡手術および胸腔鏡補助下小開胸手術への積極的な取組みにより、
    術後回復を早め、ひいてはより速やかな日常生活への復帰を実現します。

呼吸器外科は肺がんをはじめとする胸部悪性疾患、気胸等の嚢胞性肺疾患や胸部外傷等の外科治療を行う専門科です。

外科系診療科の目標は、突き詰めれば担当する疾患について一に安全にきちんと治すこと、二にできるだけ早く患者さんに元の生活を取り戻していただくこと、この2点になろうかと思います。自然気胸や胸部外傷等の治療についても関連各科と連携しつつ迅速な対応を目指し、患者さんの日常ができるだけ滞ることなきよう力を尽くします。

手術の方法として外科系科全般に低侵襲手術(傷の小さな手術)の普及が進む昨今、当科も積極的に胸腔鏡(内視鏡)手術および胸腔鏡補助下小開胸手術(ハイブリッド胸腔鏡手術)に取り組んでおり、多くの手術が4~8cm程度までの小さな傷のみで切除の質を落とすことなく施行可能となりました。これにより患者さんの術後回復はより早く、ひいてはより速やかな日常生活への復帰が実現しております。

さらに上記外科治療の目標を達成するためには、治療法を選択する際に関連他科との協力が欠かせません。当科は呼吸器内科・放射線科・病理診断科の各医師団との定期的な話し合いの場を設け密に連携をとり、手術療法のみならず抗がん剤や分子標的薬、免疫療法(免疫チェックポイント阻害剤)等を用いた薬物療法、そして放射線療法を組み合わせ、より高い効果が得られるよう一人一人の患者さんについて方針を検討し、チームとして治療にあたっています。そうした中で、手術に関しては当地区における呼吸器外科治療の最前線であることを自覚し、私どもの診療が一人でも多くの方に貢献できるよう尽力しております。

診療内容

対象疾患

  • 原発性肺がん
  • 気胸(自然気胸、続発性気胸)
  • 転移性肺腫瘍(大腸がんの肺転移など)
  • 縦隔腫瘍(胸腺腫など)
  • 重症筋無力症
  • 悪性胸膜中皮腫
  • 胸壁および胸郭疾患(胸壁腫瘍、漏斗胸整復術など)
  • 呼吸器感染症(肺真菌症(アスペルギルス症ほか)、膿胸など)
  • 胸部外傷
  • がん性胸膜炎等に伴う慢性胸水貯留(胸腔-腹腔シャント術)
  • その他胸部領域の外科治療
    間質性肺炎などに対する外科的肺生検
    悪性リンパ腫などに対する外科的胸部リンパ節生検

手術治療を希望される患者さんとご家族には、外来受診時および入院初日の2回に渡り疾患の概要や病状および手術に関する詳細な説明を行う時間を設け、不明な点なく同意をいただいた上で手術に臨めるようにしております。
入院中の診療日は毎朝当科医師全員での回診を行い、回復の具合や問題点をメンバー間で共有、検討し常に最善の対応が可能となるようにしています。

治療

気胸(良性嚢胞性肺疾患)
10代後半~20代前半の男性に多い、「肺に穴が空いて空気が漏れる」病気です。本疾患に対し当院では、直径5mmの極細胸腔鏡(内視鏡)を用い、5~10mmまでの傷のみで病巣を切除する手術を行います。多くは手術時間1時間以内、術後3~4日で退院可能となります。この疾患は突然発症することが多いですが、呼吸器内科や麻酔科・手術部と密に連携をとり、できるだけ待機入院の日数を減らすよう手術日程を調整し、患者さんが速やかに日常生活に復帰できるよう援助いたします。

診療実績

  • 肺がん手術件数

  • 気胸(良性嚢胞性肺疾患)手術件数

  • 縦隔腫瘍手術件数

  • 呼吸器外科総合手術件数

診療スタッフ

  • 平松 義規

    患者相談部長兼呼吸器センター長
    兼呼吸器外科代表部長

    専門医・
    認定医・
    専門分野等
    呼吸器外科専門医合同委員会呼吸器外科専門医 日本胸部外科学会指導医
    日本外科学会専門医
    名古屋大学医学部臨床講師
    医学博士
    臨床研修指導医
    略歴
    福井医科大学卒
    1986年医師免許取得
    2003年4月赴任
  • 岡阪 敏樹

    呼吸器外科病棟部長

    専門医・
    認定医・
    専門分野等
    呼吸器外科専門医合同委員会呼吸器外科専門医
    日本外科学会専門医
    医学博士
    臨床研修指導医
    略歴
    名古屋大学卒
    1996年医師免許取得
    2017年4月赴任
  •  
  • 渡邉 裕樹

    医員

    専門医・
    認定医・
    専門分野等
    麻酔科標榜医
    略歴
    三重大学卒
    2013年医師免許取得
    2013年4月赴任

※受診の際は、受付時間・診察時間・休診日を必ずご確認ください。