MENUCLOSE

文字サイズ

地域医療の真ん中に

診療科のご案内
放射線治療科

特色と治療方針

放射線療法の特徴として、局所療法であること、機能や形態の温存が可能なこと、そして低侵襲で高齢者にも適応が可能なことなどが挙げられます。
  • 当
  • 科では「安心・安全に治療が受けられる」ことを主眼とし、治療紹介DVDや
    説明用パンフレットなどを用いて分かり易く説明をすることを心掛けています。

がんは我が国の死亡原因の第一位を占めており、放射線療法は手術療法、薬物療法と並んでがん治療の三本柱の一つです。
放射線療法の特徴として、局所療法であること、機能や形態の温存が可能なこと、そして低侵襲で高齢者にも適応可能なことなどが挙げられます。
近年、肺がん・前立腺がん・乳がんといった放射線治療の適応になりやすい疾患が増えてきています。
また骨転移による疼痛の軽減や腫瘍に起因する出血に対する止血などの緩和照射もQOLを保つために重要になってきています。
当科は予約制にて行っていますのでお待たせする事はほとんどありません。

診療内容

対象疾患

  • 悪性腫瘍に対する放射線治療全般を行っています。
  • ケロイドの術後照射や甲状腺眼症などの良性疾患にも概ね対応可能ですのでご相談ください。
  • 密封小線源治療は他施設(主に名大病院)にお願いしています。

特殊な治療として

  • 頭部および体幹部(肺)定位放射線治療
  • 全身照射

主な検査・医療機器

  • 線形加速器システム True Beam 医療用リニアック(※1)
    加速装置用電動式患者台 True Beam治療台
    放射線治療装置用シンクロナイザ RGSC 呼吸同期システム
    放射線治療装置用シンクロナイザ IDENTIFY 患者認証・モニタリングシステム 
  • 放射線治療計画プログラム 放射線治療計画用ソフトウェア Eclipse
  • 放射線治療計画プログラム 放射線治療計画用ソフトウェア Ray Station
  • 放射線治療計画プログラム MIMマエストロ
  • 全身用X線CT診断装置 SOMATOM go.Sim(※2)
  • 多相電動式造影剤注入装置 スマートショット
  • 膀胱用超音波画像診断装置 キューブスキャン BioCon-900S  等
  • 治療装置 VARIAN社製TrueBeam(※1)

  • CTシミュレータ装置
    Siemens社製SOMATOM go.sim(※2)

診療実績

2018年 2019年 2020年 2021年 2022年
原発巣別新規患者数 245件 242件 240件 186件 224件
脳・脊髄 7 6 3 6 5
頭頚部(甲状腺を含む) 21 19 25 16 17
食道 23 8 9 6 16
肺・気管・縱隔 47 55 52 51 38
(再掲)肺 44 53 51 51 37
乳腺 60 61 64 43 54
肝・胆・膵 15 15 9 8 12
胃・小腸・結腸・直腸 20 17 15 13 16
婦人科 8 10 15 11 14
泌尿器系 25 28 20 17 29
(再掲)前立腺 18 19 9 9 23
造血器リンパ系 14 17 24 6 12
皮膚・骨・軟部 3 2 2 0 1
その他(悪性) 0 2 1 1 0
良性 0 2 1 8 4
(15歳以下の小児例) 0 0 0 0 0
放射線治療患者実人数(新患+再患) 304件 330件 299件 245件 282件
脳転移治療患者実人数(新患+再患) 13件 26件 12件 22件 4件
骨転移治療患者実人数(新患+再患) 89件 93件 87件 65件 76件
定位放射線照射 (脳) 11件 3件 9件 10件 10件
定位放射線照射 (肺) 1件 1件 9件 14件 5件
ストロンチウム治療患者数 1件 - - - -

診療スタッフ

  • 竹下 祥敬

    医員

    専門医・
    認定医・
    専門分野等
    放射線治療専門医
    日本医学放射線学会研修指導者
    医学博士
    臨床研修指導医
    専門分野:放射線治療
    略歴
    名古屋大学卒
    1980年医師免許取得
    1996年4月赴任

受診時の留意点

事前に予約が必要です。

※受診の際は、受付時間・診察時間・休診日を必ずご確認ください。