MENUCLOSE

文字サイズ

地域医療の真ん中に

診療科のご案内
放射線治療科

特色と治療方針

放射線療法の特徴として、局所療法であること、機能や形態の温存が可能なこと、そして低侵襲で高齢者にも適応が可能なことなどが挙げられます。
  • 当
  • 科では「安心・安全に治療が受けられる」ことを主眼とし、治療紹介DVD、
    当各種説明用パンフレットや放射線治療関係書籍等揃えております。

がんは我が国の死亡原因の第一位を占めており、放射線療法は手術療法、薬物療法と並んでがん治療の三本柱の一つです。
放射線療法の特徴として、局所療法であること、機能や形態の温存が可能なこと、そして低侵襲で高齢者にも適応が可能なことなどが挙 げられます。
近年肺がん、前立腺がんや乳がんといった放射線治療の適応になりやすい疾患が増えてきています。
また、今後高齢がん患者の増加も予想されているので、ますます放射線治療を受ける割合が増えると考えられます。
治療はすべて予約制にて行っていますのでお待たせする事はほとんどありません。

診療内容

対象疾患

  • 悪性腫瘍に対する放射線治療全般を行っています。
  • ケロイドや血管腫にも概ね対応可能ですのでご相談ください。
  • 密封小線源治療は他施設(主に名大病院)にお願いしています。

特殊な治療として

  • 頭部および体幹部(肺)定位放射線治療
  • 全身照射
  • 有痛性骨転移に対するメタストロン(塩化ストロンチウム-89)治療

主な検査・医療機器

  • 医療用放射線治療装置:VARIAN社製CLINAC iX(※1)
    6MVと15MVの2種類のX線と4,6,9,12,16MeVの5種類の電子線を用いることができます。
  • 3次元治療計画装置:Elekta社製Xio
  • CTシミュレータ:GE横河社製Light Speed RT & Advantage(※2)
  • 定位照射システム:Brain LAB社製m3(※3)
  • 治療装置 CLINAC iX(※1)

  • CTシミュレータ(※2)

  • m3(※3)

診療実績

2013年 2014年 2015年
原発巣別新規患者数 242件 215件 227件
脳・脊髄 3 4 2
頭頚部(甲状腺を含む) 14 15 23
食道 10 12 9
肺・気管・縱隔 66 39 51
(再掲)肺 62 36 50
乳腺 75 66 55
肝・胆・膵 4 7 13
胃・小腸・結腸・直腸 11 11 16
婦人科 13 7 9
泌尿器系 24 35 32
(再掲)前立腺 18 25 25
造血器リンパ系 15 13 13
皮膚・骨・軟部 2 1 1
その他(悪性) 5 4 2
良性 0 1 1
(15歳以下の小児例) 0 0 0
放射線治療患者実人数(新患+再患) 277件 267件 296件
脳転移治療患者実人数(新患+再患) 18件 7件 22件
骨転移治療患者実人数(新患+再患) 52件 71件 82件
ストロンチウム治療患者数 8件 1件 3件

診療スタッフ

  • 竹下 祥敬

    医員

    専門医・
    認定医・
    専門分野等
    放射線治療専門医
    日本医学放射線学会研修指導者
    医学博士
    臨床研修指導医
    専門分野:放射線治療
    略歴
    名古屋大学卒
    1980年医師免許取得
    1996年4月赴任

受診時の留意点

事前に予約が必要です。

※受診の際は、受付時間・診察時間・休診日を必ずご確認ください。