MENUCLOSE

文字サイズ

地域医療の真ん中に

診療科のご案内
歯科口腔外科

特色と治療方針

抗凝固療法や骨吸収抑制剤投与中など処置に配慮を要する方の口腔内処置、がん治療中の方で口腔内の環境維持・改善を目的とする支持療法、摂食や嚥下に関わる治療やケアにも力を入れています。
  • 口
  • 腔および隣接する顎顔面領域に見られる疾患に
    幅広く対応しています。

当科では口腔および隣接する顎顔面領域に見られる疾患に幅広く対応しています。全身的な疾患を有する方々の治療や専門性の高い治療に応えるべく体制を整えています。抗凝固療法や骨吸収抑制剤投与中など処置に配慮を要する方の口腔内処置、がん治療中の方で口腔内の環境維持・改善を目的とする支持療法、摂食や嚥下に関わる治療やケアにも力を入れています。

診療内容

対象疾患

対象疾患は口腔感染症、埋伏歯、歯牙や顎欠損、顎顔面外傷、口腔がん、口蓋裂や顎変形症などの顔面奇形、顎関節症、歯ぎしり、唾液腺疾患、顎・顔面領域の神経疾患、口腔乾燥症、舌痛症、味覚異常、睡眠時無呼吸症候群、がん治療に関わる支持療法など

専門分野

特に難抜歯、口腔インプラント手術、顔面骨折に対する整復術、顎・顔面の再建・形成術、口腔腫瘍手術、顎関節鏡視下手術、腫瘍・骨髄炎に対する動注化学療法など

主な検査・医療機器

外来の治療ユニットが5台、中央の手術室とは別に専用手術室があります。
口腔インプラントの分析ソフトによる治療計画の立案
インプラントは世界的に普及している3社の器材に対応可能。顎顔面の再建用3次元モデルを用いて治療計画を立案します。骨延長術を用いた再建術を用いることもあります。難治性の顎骨骨髄炎には高気圧酸素装置を併用した治療を行います。顎関節症には低侵襲の顎関節用の内視鏡を用いた手術を行っています。動注化学療法は低侵襲な治療法ですが、適応があります。
摂食・嚥下機能の評価には内視鏡、CTに加えて舌圧測定器なども利用します。

診療実績

年間の手術件数は中央手術室にて行うものが約300件、外来オペ室にて行うものが100件ほどですが、一般外来での小手術も多く行っています。

  • 腫瘍切除

  • 顎変形症手術

  • 顔面外

  • 口腔インプラント手術

  • 入院下一括抜歯

診療スタッフ

  • 兼子 隆次

    歯科口腔外科代表部長
    兼歯科医師臨床研修科代表部長

    専門医・
    認定医・
    専門分野等
    日本口腔外科学会専門医・指導医
    日本口腔科学会認定医
    日本ハイパーサーミア学会認定医
    ICD(インフェクションコントロールドクター)
    日本がん治療認定医機構がん治療認定医(歯科口腔外科)
    日本がん治療認定医機構暫定教育医(歯科口腔外科)
    日本歯科薬物療法学会評議員
    医学博士
    専門分野:口腔がん、顎関節疾患、顎顔面領域の再建、口腔感染症
    略歴
    九州大学卒
    1990年医師免許取得
    1998年6月赴任
  • 宇佐見 一公

    歯科口腔外科医長

    専門医・
    認定医・
    専門分野等
    日本口腔外科学会専門医
    医学博士
    略歴
    九州大学卒
    2001年医師免許取得
    2017年4月赴任
  •  
  • 河合 孝真

    医員

    専門医・
    認定医・
    専門分野等
    日本口腔外科学会認定医
    略歴
    北海道大学卒
    2009年医師免許取得
    2015年4月赴任
  •  
  • 望月 大督

    医員

    専門医・
    認定医・
    専門分野等
    略歴
    愛知学院大学卒
    2015年医師免許取得
    2015年4月赴任

受診時の留意点

当科では上記の口腔外科疾患を優先するためにう蝕(虫歯)や歯周病など歯科の1次診療は応急処置に留め、歯科医院への受診を勧めています。逆に歯科医院、一般医院との連携を重視し、紹介の方を積極的に受け入れています。

※受診の際は、受付時間・診察時間・休診日を必ずご確認ください。