MENUCLOSE

文字サイズ

地域医療の真ん中に

採用のご案内理学療法士・作業療法士・言語聴覚士

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士

検査科

業務紹介

疾病や外傷の後に生じる身体機能や言語機能の低下の回復を助け、退院や社会復帰を目指すため、できるかぎり早い医療を提供する 急性期リハビリテーションを担っております。総合的なケアが可能な3部門で構成しています。

理学療法部門
  • 理学療法部門
  • 整形疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患、心大血管疾患、がん疾患、外科術後、神経難病等 の患者さんのリハビリを行っています。総合病院であるため、様々な疾患のリハビリを 行う経験ができます。勉強会での症例検討や積極的にセカンドライセンスの資格取得を 行い、専門性の高いリハビリの提供を目標とし日々の業務に携わっています。
作業療法部門
  • 作業療法部門
  • 手外科専門医師のもと、手外科疾患を含めた整形疾患と脳血管疾患、神経疾患、内部疾 患等に対し、早期より身体機能・高次脳機能・ADL・QOLの向上に努めています。定 期的にOT会、勉強会を行い、運営方針の検討や症例検討などを行っています。
言語聴覚療法部門
  • 言語聴覚療法部門
  • 主に失語症、構音障害、嚥下障害に対しての訓練を行っています。脳血管疾患による失 語症・構音障害では、脳外科医や神経内科医に指示を仰ぎながら早期からの訓練を開始 しています。嚥下障害では、嚥下チームの医師(口腔外科・内科・耳鼻科)と評価、相 談を行いながら訓練を進めています。必要に応じて、嚥下内視鏡検査や嚥下造影検査も 行っています。

当院の特長・取り組み

疾患別リハビリテーション
3部門がそれぞれ運動器チーム・脳血管疾患チーム・呼吸器チーム・心大血管チームに該当するチーム制で臨床運営しています。
高度急性期・急性期~回復期に対応した提供体制
呼吸・循環器をはじめ、集中治療室からのリハビリ介入と、地域連携パスによる近隣医療機関とのシームレスな連携の取り組みを行っています。

その他、緩和ケア病棟での終末期リハビリ、チーム医療への参画、訪問リハビリにも従事しています。また、学生実習の受け入れにも協力しています。

研修・教育体制

1年目はプリセプターが付き、業務全般・臨床場面などのサポートをしています。急性期病院のため、多岐にわたる経験ができます。 ICLSや喀痰等の吸引などの研修をはじめ、院内コメディカル合同の研修があり、学会発表や研修会にも積極的に参加しています。ま た、愛知県厚生連病院合同の研修会や年齢別研修などグループ組織として職員の育成(医療分野以外も含む)を図る機会があります。

資格取得

糖尿病療養指導士
3名(PT3名)
心臓リハビリテーション指導士
3名(PT3名)
3学会合同呼吸療法認定士
11名(PT9名・
OT2名)
介護支援専門員
7名(PT5名・
OT2名)
がんのリハビリテーション研修修了者
7名(PT5名・
OT2名)
介護予防推進リーダー
2名(PT2名)
地域包括ケア推進リーダー
2名(PT2名)

先輩からのメッセージ

「できなかった」ことが「できた」
喜びを分かち合える現場

理学療法士 靑谷 清楓 2017年入職

職場の雰囲気
上司・先輩にも相談しやすく活気のある職場です。また多職種との連携をはかり、情報共有を行うことでリスク管理を行いながら理学療 法を提供しています。
仕事のやりがい、喜び
仕事は忙しく大変なこともあります。しかし様々な要因で入院された患者さんの苦労を知り、その人の「できなかった」ことが「でき た」ことによる喜びを分かち合えたときに喜び、やりがいを感じます。
当院に就職したきっかけ
様々な疾患の患者さんに携わることで経験を積むことができると考えたためです。病院見学で、新人教育が充実していると感じたことも 決め手です。
就職希望者へメッセージ
様々な疾患の患者さんに携わることができます。急性期医療の中で多くの経験を積みたい方はぜひ見学にいらしてください。

ある1日の業務

8:25
朝礼・備品の日常点検
8:40
臨床業務
12:30
昼休憩
13:20
臨床業務
16:00
病棟カンファレンス
17:00
業務終了

職種間の垣根のない
明るい職場です。

作業療法士 西川 勝大 2014年入職

職場の雰囲気
PT・OT・STともに共通のスタッフルームを使用しているため職種間での垣根がなく、併用の他職種とも気軽に担当患者さんの情報交換 等が行える明るい職場です。
仕事のやりがい、喜び
患者さんの状態改善や自宅・社会への復帰が実現したときはもちろん、リハビリを終了した患者さんが、定期受診の際にリハビリ室まで 顔を見せに来てくださるときに喜びを感じます。
当院に就職したきっかけ
中枢疾患だけでなく整形疾患等の様々な疾患を担当することができるため、多様な領域に対しての治療経験ができると考えたからです。
就職希望者へメッセージ
日々の業務に追われ大変な日もありますが、その分多くの経験を得ることのできる職場です。臨床での疑問等は、先輩技師が一緒に親身 になって考えてくれるので、不安も少なく治療に取り組むことができています。

ある1日の業務

8:25
朝礼・備品の日常点検
8:40
臨床業務
12:20
カルテ記載
12:50
昼休憩
13:40
臨床業務
17:00
業務終了

急性期病院で
実習で経験できなかったことを習得

言語聴覚士 萩野 周作 2015年入職

職場の雰囲気
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が1つの事務所を共有しているので、他のリハビリスタッフに声をかけやすく、笑顔あふれた風通し の良い、働きやすい職場環境と感じています。
仕事のやりがい、喜び
特に嚥下訓練では、食べ方や食事の形態、姿勢などを試行錯誤して、口から食べられるなど改善へ向かったときにやりがいを感じます。 患者さんやご家族の方からお礼の一言があるとより嬉しいです。
当院に就職したきっかけ
実習で経験できなかった急性期病院に興味があり、自宅から通える範囲で募集を探していたところ当院を見つけました。
就職希望者へメッセージ
急性期病院では患者さんのベッドサイドで評価や訓練を行うことが多いです。患者さんの状態が不安定な中で、正しく状態を把握して訓 練を行い、回復期や在宅等へつなげることは、大変ですがやりがいも大きいです。興味がある方は見学へいらしてください。

ある1日の業務

8:25
朝礼・備品の日常点検
8:40
臨床業務
12:00
昼食事の嚥下訓練
13:30
昼休憩
14:20
臨床業務
17:00
業務終了