MENUCLOSE

文字サイズ

地域医療の真ん中に

プライバシーポリシー

  • HOME
  • プライバシーポリシー

当院における個人情報の取り扱いについて

豊田厚生病院では、患者さんのプライバシーが守られる権利を重視し、種々の対策を講じております。
以下に当院の個人情報取り扱いの方針を明らかにいたします。

  1. 個人情報保護に関する法律を遵守し、患者さんの情報を管理しています。
  2. 患者さんの個人情報を適正に取り扱うための責任者を置き、職員教育を行っています。
  3. 患者さんの個人情報は診療記録等に記載されていることにより、最良の医療が継続して行われることに役立っています。同時に、医療・介護保険事務や外来・病棟管理、会計、経理、医療安全対策、院内感染対策等に利用されます。
  4. 一部の検査等を外部の施設等に委託することがあります。その際に患者さんの情報をこれらの施設等に知らせなくてはいけない場合があります。信頼のおける施設等を選択するのは勿論ですが、患者さんの情報が不適切に取り扱われないように契約をいたします。
  5. 患者さんが継続的に最適な医療が受けられるように、診療に関する情報を病院や診療所等に提供することがあります。また、医療の発展のために学会や研究等で情報を利用することもあります。この際、勿論、個人が特定されないようにいたします。
  6. 個人情報が医師や看護師、その他職員の研修会等に教育目的で利用されることがあります。また、学生や研修生の研修のために利用されることもあります。
  7. 医療安全及び誤認防止のため、外来や病棟で患者さんのお名前をお呼びしています。また、同じ目的で配膳車の食札を掲示しています。
  8. 防犯のため院内に防犯カメラを設置し、録画しています。
  9. 患者さんのご希望に応じて医療情報を開示しています。開示を希望される患者さんは、各ブロック受付までお申し出願います。
  10. 患者さんの個人情報は厳重な注意を払って管理しています。個人情報保護に関するお問い合わせは総務課までお願いいたします。

付記

  1. 上記のうち、同意しがたい事項がある場合には、その旨をお申し出願います。
  2. お申し出が無い場合には、同意していただけたものとして取り扱います。
  3. これらのお申し出は、いつでも撤回、変更等が可能です。

治験・臨床研究における患者さんの個人情報の取り扱いについて

豊田厚生病院では治験や臨床研究を実施するにあたり、必要となる情報を収集するため、院内の治験コーディネーターや治験・臨床研究業務の支援を行う外部の業者(SMO と呼びます)が患者さんのカルテ情報を閲覧することがあります。カルテを閲覧し、収集した情報は患者さん個人が特定できる情報を削除し、個々の情報を集計した統計情報(治験の対象となる疾患の患者さんが何人いるか、等)に加工したうえで、依頼者(製薬企業や医療機器メーカー)やSMO へ提供することがあります。患者さん個々の情報については、依頼者や SMO へ提供する ことはありません。情報の取り扱いについては、個人情報保護法等の関連法令に基づき細心の注意を払っております。お気づきの点がございましたら、担当窓口(下記)までお気軽にお問い合わせください。

取り扱う個人情報について

氏名、生年月日、年齢、性別、身長、体重、病歴、診療情報、検査結果等のほか、当該治験・臨床研究の実施に必要な情報を取り扱います。

治験・臨床研究業務の委託先(SMO)について

当院では、治験・臨床研究を実施するにあたり、患者さんの診療情報等を試験の実施記録として依頼者に提供する等の医師が行う業務の支援を以下の業者に依頼し、スタッフの派遣を受けて治験・臨床研究を実施することがあります。

  • ・株式会社アイロム
  • ・株式会社 EP 綜合

治験・臨床研究に関するお問い合わせ先

診療情報が治験・臨床研究に用いられることについて、患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には情報収集の対象としませんので、下記の連絡先までお申出ください。その場合でも患者さんに不利益が生じることはありません。

薬剤部 治験管理室

研究におけるデータ公開について(オプトアウトについて)

オプトアウトとは 、平成29年5月30日施行の改正個人情報保護法の研究倫理指針において「診療情報等の情報のみを用いた研究」等については、インフォームド・コンセントを省略するかわりに、研究情報をホームページなどで通知・公開し、研究対象者等が拒否できる機会を保障する方法です。
研究への希望をされない場合は、匿名化したデータを削除いたしますので、豊田厚生病院 企画課までご連絡ください。

臨床検査を終了した検体の使用について

豊田厚生病院診療協同部臨床検査技術科は病院の理念および基本方針を遵守し、「安全で質の高い医療」を目指すことを目的に、検査結果を正確に迅速に提供できるように努めています。その為には検査の精度管理(検査精度を一定に保つため)の向上、診断精度を高めるために、常に新しい検査方法や試薬、検査機器を検討し、技術・知識を習得する必要があります。

そこで臨床検査技術科では、臨床検査が終了した検体(残余検体)を使用して、検査精度、検査方法などを評価しています。残余検体(血液・尿・体腔液など)の使用については、「臨床検査を終了した検体の業務、教育、研究のための使用について-日本臨床検査医学会の見解-」(平成22年3月)を遵守いたします。

対  象
当院で臨床検査が施行された後の残余検体を対象とします。
方  法
患者さんの個人情報を削除したうえで下記の内容について調査します。
  1. 臨床検査用試薬および測定装置の性能評価
  2. 臨床検査項目の基準値の設定およびその検証

残余検体の研究への利用

残余検体からは多くの知見が得られるため、臨床研究においては欠くことができません。研究目的での使用は、院内の適切な審査を経てから行います。その際は、残余検体等の利用目的を含む情報を病院ホームページで公開いたします。

倫理的配慮について

臨床検査後の廃棄予定の残余検体を使用するため、患者さんの生命・健康に直接影響を及ぼすことはありません。また、氏名・生年月日・住所・電話番号・ID番号などの個人情報はすべて削除し、必要に応じて匿名化しますので、個人情報が漏れることはありません。
残余検体の再利用にご承諾いただけない患者さんは、お手数ですが豊田厚生病院 企画課までご連絡ください。お申し出がない場合は、ご承諾いただいたものと判断し、残余検体を再利用させていただきます。