院内がん登録情報

●院内がん登録とは

院内がん登録とは、その病院で診断、治療された全てのがんの情報を集め、その病院のがん診療がどのように行われているかを明らかにする調査です。この調査は、複数の病院が同じ方法で登録を行うことで、他の病院とその情報を比べることができるようになり、病院ごとの特徴や問題点が明らかになるものと期待されています。当院の調査内容は、「国立がん研究センター」へ報告しています。

<国立がん研究センター>
全国の病院からのがん登録情報を取りまとめています。平成28年1月1日より「全国がん登録」という仕組みが始まり、全国のがん患者さんの情報を収集し、がん対策、予防や治療の体制づくりに役立てられています。最新の統計情報については,「国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』」にて一般公開されています。

●院内がん登録実績

当院のがん登録状況、ステージ分類・症例区分・治療内容の内訳について部位別に掲載しております。なお、5大がん(胃・大腸・肝・肺・乳腺)以外は件数が少ない為割合で表示し、10件以下の部位について内訳は掲載しておりませんのでご了承願います。

<がんのステージ>
ステージとは、がんの進行の程度を表す言葉で、1~4のステージに分けられ、ローマ数字で表記されます。一般的に、数が大きいほどがんが進行していると考えられます。 がんのできた場所によってステージの定義も異なり、ステージの段階によって、標準的な治療方法が決められています。

■集計結果2010年~2015年(標準登録様式2006年度版修正版)

■集計結果2016年(標準登録様式2016年版)※2006年度版からの変更点


5年生存率

当院の5大がん(胃・大腸・肝・肺・乳腺)の5年相対生存率を公開しております。