薬剤部

 

薬剤部は、薬剤室、医薬情報室、供給室から構成され、相互に連携をとり協力して医薬品や診療材料の安定供給ならびに薬物療法の安全性や有効性の確保に努めています。また、チーム医療の一員として医師や看護師ら他職種と協力し、患者さんに適正かつ安心・安全な薬物治療を提供することを目標にしています。特に病棟業務、チーム医療へ積極的に参加し、1年目の薬剤師も病棟で活動しています。また、同時に人材育成にも力を入れており、新人教育のみならず、様々な専門資格の取得に必要な研修会や学会参加への支援体制も整えています。

 

■認定施設

 ・日本医療薬学会 認定薬剤師研修施設
 ・日本医療薬学会 がん専門薬剤師研修施設

 

■専門・認定薬剤師

 専門・認定資格 人数
日本医療薬学会指導薬剤師 1
日本医療薬学会認定薬剤師 2
日本医療薬学会がん専門薬剤師 1
日本臨床腫瘍薬学会認定外来がん治療認定薬剤師 1
日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師 2
日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師

1

日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師 1
日本緩和医療薬学会緩和薬物療法認定薬剤師 2
日本臨床救急医学会救急認定薬剤師 1
日本糖尿病療養指導士 2
日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム(NST)専門療法士 1
日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師 4
医療情報技師 1

 

中村 治彦

日本医療薬学会認定薬剤師

中村 治彦

近藤 有

日本医療薬学会認定薬剤師

近藤 有

医学・薬学の進歩により新しい医薬品が次々に登場し、科学的なエビデンスに基づく医療の個別化が進む中で、薬物療法も複雑化しています。また、医薬品は疾病の診断・治療や予防に必要不可欠ではありますが、使い方を誤れば効果が得られないだけでなく、副作用や生活の質を低下させる可能性もあります。このように高度化する医療の中で患者さんがより良質で安全な薬物療法を受けられるよう、私達は臨床現場での活動のみならず、学術活動・研究活動を通じて薬物の適正使用のための良質のエビデンスを構築し、科学的根拠に基づいて薬物療法が実践できるよう努めています。
成瀬 国男

抗菌化学認定薬剤師

成瀬 国男

抗菌薬の開発により感染症治療が大きく進歩し、多くの患者さんに使用されてきました。しかし近年、一部の細菌に関して抗菌薬に対する感受性の低下がみられています。また、新たな抗菌薬の開発も低迷しています。私たち抗菌化学療法認定薬剤師は至適な抗菌化学療法を通して国民の医療および健康に貢献することを目的としており、現在使用できる抗菌薬を効果的に投与するため医師、薬剤師、感染対策チームより抗菌薬の選択や投与方法等の相談を受けながら感染症治療を支援しています。
祢冝田 和正

日本医療薬学会指導薬剤師

祢冝田 和正

近年、医療の高度化、多様化に伴い医療における薬剤師への期待が高まってきました。このような背景から日本医療薬学会は、医療薬学分野における実務経験に基づいた一定水準以上の知識・技能を兼ね備え、さらに学術活動・研究活動の実績を有する薬剤師を「認定薬剤師」として認定する制度を発足させました。私たち指導薬剤師は、この認定薬剤師を養成するための指導に当たる薬剤師と位置づけられています。当院も同制度の研修施設の認定を受けており、今後の医療を担う若手薬剤師の育成に必要な教育研修体制の充実に努めていきたいと思います。
佐々木 英雄

がん薬物療法認定薬剤師

佐々木 英雄

わが国では一生のうち2人に1人はがんになるといわれており、当院でも多くの患者さんが抗がん剤治療を受けています。しかし抗がん剤は副作用が必発と言っても過言ではありませんし、治療を受けるほぼ全ての患者さんは副作用の心配をされています。さらに医学の進歩により新しいメカニズムで作用する抗がん剤も開発・使用されたため、従来の抗がん剤の副作用とは異なる副作用も起こる場合があります。我々薬剤師は患者さんへの薬の説明だけでなく、医療スタッフにも副作用や副作用軽減に関する情報を提供し、患者さんにより良い治療が行えるよう心がけています。
藤森 和則

医療情報技師

藤森 和則

近年オーダエントリシステム(外来や病棟にコンピュータ端末を配置し、医師などの指示等をネットワークで各部門システムに伝送するシステム)や電子カルテ、物流・患者アメニティのための情報提供、医療評価などの医療情報システムは医療の提供に必要不可欠の要素となっています。またシステムの障害や性能劣化は、業務に少なからぬ影響を与えます。薬品管理室におけるシステムの快適な操作環境を維持し質の高い医療サービスが提供できるよう日々努めています。
間瀬 悟

がん専門薬剤師

間瀬 悟

近年がん治療の進歩はめざましく、その効果が期待される一方で治療方法は高度かつ複雑化しています。私たちは抗がん剤の調製だけでなく、薬の専門家として抗がん剤が適正かつ安全に投与されるように投与量や投与方法などを確認したり、提案を行ったりしています。また患者さん個々の生活状況に耳を傾けながら副作用の発現状況を観察・評価し、抗がん剤の副作用によって患者さんの「生活の質」が低下することのないように他職種の医療スタッフと協力して薬剤の面からサポートを行っています。
植松 夏子

緩和薬物療法
認定薬剤師

植松 夏子

近藤 有

緩和薬物療法
認定薬剤師

近藤 有

緩和薬物療法とは、がんによるからだの苦痛や心のつらさを軽くするため、薬を有効に使って、患者さんやそのご家族がご自分らしい生活を送れるようにする治療のことです。私達は緩和薬物療法認定薬剤師として、主に緩和ケアチーム回診に関わらせていただいたり、入院や外来患者さんの薬の説明などをさせていただいております。つらい症状は人それぞれ異なりますように、薬の量や種類、使い方によって効き具合も変わってきますので、薬のことで疑問や不安に思われていること、使い方がわからないなど、何かございましたらご気軽にご相談ください。苦痛の少ない日常生活を送っていただけるよう、一緒に考えていけたらと思っております。
戸田 州俊

救急認定薬剤師

戸田 州俊

救急・集中治療現場には重篤な患者さんが多く、リスクの高い薬が多量にかつ緊急的に使われます。また患者さんの容態も刻々と変化するため薬の種類や投与量も頻繁に変更され、多くの医療スタッフが関わります。私たち救急認定薬剤師は患者さんを中心とした医療チームの中で薬剤師の視点から治療に参加し、その他医療スタッフと協力して患者さんの早期の回復を目指しております。また、このようなリスクの高い薬物を用いた治療を安全に実施するために薬の管理、医療スタッフへの情報提供、投与量・投与方法の確認などを通じて貢献しています。
白石 彩乃

日本糖尿病療養指導士

白石 彩乃

猪子 美穂

日本糖尿病療養指導士

猪子 美穂

糖尿病患者数の著しい増加とともに、糖尿病治療は進歩しています。それに伴い各職種の専門性が問われるようになってきました。当院では内分泌専門病棟以外で糖尿病教育が必要となる患者さんを対象とした「糖尿病ラウンド」や、1週間の教育入院である「糖尿病教室」を行っています。私たちは、このようなチーム医療に参加することで、患者さん個々の問題点を抽出し、より良い薬物療法の提案をしています。糖尿病は患者さんの生活習慣が密接に関わり合っている疾病であるが故に、要望や悩みは十人十色です。患者さんの言葉に耳を傾け、セルフ・マネジメントの支援やアドヒアランスの向上、情報社会の中での正しい知識の獲得に努めています。

薬剤室

調剤室業務

調剤室では、処方監査、調剤(内服・外用)および外来服薬指導などの業務を行っています。処方監査では医師の処方内容について薬の用法や用量が適切か、重複や併用禁忌薬剤などがないか、薬剤師の視点から確認しています。その後、錠剤・カプセルの取り揃えや一包化調剤、散薬・水薬の秤量などを行い、最終的に薬が正しく調剤されているのかを確認しています。また、くすり渡し口では必要に応じて服薬上注意を要する薬の説明をしたり、一部の特殊な薬ではおくすり相談室で個別に服薬指導などをしています。また、薬の重複防止、飲み合わせのチェックならびに災害時への備えとしてお薬手帳の普及にも力を入れています。

調剤室調剤室 院内処方 くすり渡し口院内処方 くすり渡し口 おくすり相談室おくすり相談室

 

教育業務

《新人教育》

患者さんや他の医療スタッフから信頼される薬剤師を目指し、約半年間かけて研修を行っています。教育プログラムに沿って調剤業務、注射調剤・払い出し業務、無菌調製業務、製剤業務、病棟業務などを各部署の担当薬剤師より指導を受けています。またプリセプターの薬剤師とチームを作り、日々の研修での問題点を解決するようにしています。

《長期実務実習》

実務実習を通して、医療人として相応しい問題解決能力を有する薬剤師を養成することを目的に11週間の参加型教育カリキュラムを作成しています。豊田厚生病院では薬剤師業務以外にも他部署の見学実習を取り入れており、他部署との関わりを学ぶことができます。またチーム医療の回診に参加したり、病棟実習では内科系と外科系の患者さんに実際に服薬指導を行ったりします.

《大学別受入学生数の推移》

2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度
名古屋市立大学 1名 1名 1名 1名 2名
愛知学院大学 2名 3名 2名 2名 2名
金城学院大学 3名 3名 4名 2名
名城大学 6名 5名 8名 5名 6名
鈴鹿医療科学大学 1名
他地区大学 1名

 

医薬情報室

病棟業務

平成24年度の診療報酬改定により、薬剤師が全病棟において薬物療法の質的向上および他の医療従事者の負担軽減に資する業務を実施することが求められるようになりました。当院でも各病棟に専任の薬剤師を配置しております。患者さんに適切な薬物療法が行われ、安心して薬を使用していただけるよう、医師や看護師をはじめとする多くの職種と連携して薬剤の必要性、安全性、有効性を確認し患者さんとの面談でより良い薬物療法の提案を行い、より高い医療が提供できるよう業務を行っています。入院中、薬のことについて分からないことがありましたら、お気軽に薬剤師にご相談ください。

病棟業務 病棟業務

 

通院治療センター業務

通院治療センター業務 主に外来で点滴抗がん剤治療を行う患者さんに安全な医療を受けていただくため、薬剤師が業務にあたっています。抗がん剤は他の薬剤より副作用が起こりやすいため、投与量・投与方法・投与間隔等が適正かをチェックし、さらに点滴当日の臨床検査値に問題がないかも確認しています。薬剤師が必要に応じて患者さんに薬の説明を行うことで、より安全にかつ効果的な薬物治療を提供しています。また、点滴抗がん剤は薬剤師が安全キャビネットで無菌的に調製を行っています。

 

医薬品情報業務

医薬品情報業務

薬物治療において、「どの医薬品を使うか」(選択)、「どうやって使うか」(用法用量)、「いつ効果が出るのか」「どういった副作用が考えられるか」(モニタリング)を考えることは大変重要なことです。患者さんに投与された薬剤に最大限の効果を発揮させ、副作用を回避あるいは早期発見をするための情報を管理するところが医薬品情報室です。最近増えてきた後発医薬品の選定や評価も行っています。ここでは、製薬メーカーの担当者、インターネット、ダイレクトメール等から入手した情報を吟味した上で必要性の高いものを院内メールシステムや原則月2回発行している院内医薬品情報誌『DI-News くすりの時間』を利用して院内各部署へ周知しています。また、月160~180件を数える院内各部署からの薬剤に関する質疑にも対応しておりますが、迅速かつ正確な回答を行うために、薬剤に関する資料については常に最新の状態に整備することを心がけながら業務を行っています。
薬の世界は日進月歩です。これまでにない新しいタイプの薬も多く出てきており、それに乗り遅れないように適宜勉強会の企画もしております。さらに、電子カルテ中の薬剤マスターの追加・変更や処方せん・薬品情報提供書等を印字する薬剤部門システムの管理や採用医薬品の管理等システムエンジニアのような業務も担っています。

供給室

薬品管理室の業務

病院内の注射薬品の管理業務を行っています。当院では在庫管理システムを導入し注射薬品の購入・払出を行っています。また各部署で定数設定をして適宜棚卸や定数の見直しを行い適正な在庫確保に努めています。

■注射セット個人払出業務

医師が電子カルテに入力した情報を基に注射薬品の調剤を行っています。注射薬品を個人ごとにセットし各病棟にカートで搬送しています。これにより処方内容の確認や必要な薬品の確保がスムーズに行えます。また当院では注射薬品のピッキングシステムを導入し間違い防止と効率化に努めています。

■TPN調剤業務

TPNとはTotal Parenteral Nutritionの略語であり、病気や手術など何らかの理由で経口的に栄養をとることが困難である場合に経静脈的に高カロリー輸液として投与する方法です。通常、患者さん毎に必要なブドウ糖、アミノ酸、電解質、ビタミンおよび微量元素などを調製し中心静脈から投与します。通常の点滴と比べて感染面で注意を要することから、薬剤部内のクリーンベンチで無菌調製を行い感染リスクの低減に努めています。

■製剤業務

最適な薬物治療を実施するに当たり製薬企業から提供される医薬品では対応できない場合があります。このような治療のニーズに応えるために薬剤部では院内製剤を調製しています。院内製剤には軟膏剤、外用液剤、坐剤、注射剤、点眼剤などがあります。

注射セット個人払出注射セット個人払出 製剤室製剤室 TPN無菌調製TPN無菌調製

 

物品管理室の業務

院内で使用される物品(医薬品・検査試薬・診療材料・事務物品)の請求・発注・納品を物流システムにより効率的に一元管理しています。物品管理室のおもな業務は、病棟や外来で使用される注射器や輸液セットから手術室や検査で使用される材料まで、すべて安定供給することです。物流システムによる自動請求やSPD搬送チームによる効率的な搬送・供給で医療スタッフの負担を軽減させます。

物品管理室
物品管理室
SPD搬送チーム
SPD搬送チーム

 

滅菌センターの業務

滅菌センターは病院内の診療や看護に必要な器具や材料を中央管理し計画的に正しい滅菌を行い、医療が安全・円滑・効果的に行われるよう間接的役割を担っている部署です。
1.使用する器材の中央洗浄、組立て、包装、滅菌をする
2.滅菌が保証された器材、衛生材料を供給する
3.器材や衛生材料を、不足なく清潔に保管する
滅菌センターは「安全で良質な医用材料、器材を提供すること」をモットーに日々努力改善しています。患者さんに直接接する事はありませんが、安全・安心な滅菌物によって医療、看護サービスと感染対策に貢献しています。

滅菌センター洗浄室 滅菌センター組立室 組立室・既滅菌保管室組立室・既滅菌保管室

 

リネンセンター・ベッドセンターの業務

リネンセンター、ベッドセンターでの主な業務は、基準寝具関係とリネン類の洗濯・回収・供給、定期シーツ交換(当直室含む)、チェックアウトクリーニング、職員被服の回収・供給、ベッド洗浄、エアーマット等の貸出業務を行っています。

職員と委託業者スタッフ混合で365日の稼動を継続しています。洗濯物も1日1トン近くを洗濯しており、日に日に増加傾向にあります。全自動洗濯機(洗濯容量50Kg)3台、全自動乾燥機(乾燥容量50Kg)3台がフル稼働しています。定期ベッド洗浄は、1年に1回程度実施する予定です。

衛生的で質の高いリネン類を供給することを目的に、スタッフ一同、今後も日々努力していくつもりです。

洗濯室 洗濯室 リネン庫リネン庫 ベッドセンターベッドセンター