看護部

 

私たち看護部にはチーム医療の要となって、他職種との連携を図り、病院の機能にあった活動を展開していく責任と、救命救急センターから訪問看護等の地域医療に至るまで、幅広い専門的な知識・技術が必要とされています。

そのために看護師一人ひとりが主体的に活動できるよう教育体制を整え、生き生きとやりがいを持って働き続けることができる職場環境をつくっています。

そして、病院の理念である「優しさと温かさ」を大切にしながら、患者さん一人ひとりの「その人らしさ」を尊重し、満足していただけるよう日々の看護を大切に実践し、地域の人々の健康生活支援のために、質の高い看護が提供できるよう取組みます。

看護部の理念

私たちは、地域の人々の健康生活支援のために、質の高い看護の実現をめざします。 

私たちは「対象の生命力の消耗を最小にするよう生活過程を整えること」という、ナイチンゲールの看護に対する考え方を基盤に据えた科学的看護論を拠りどころにしながら、看護の目的・対象の見つめ方および看護の展開方法にいたるまで看護職員全員で共有し、日々の看護実践の一つ一つを大切にしています。

看護部の基本方針

1.主体的で、且つ対象の立場を尊重した看護ができる看護師の育成をはかる。

2.対象の立場から看護の評価をしながら、より良い看護をめざす姿勢を養う。 
3.当院の使命を認識し、看護師としての規律と節度ある態度を養う。 
4.看護師がやりがいを持って、めざす看護の実現に向けて努力できるような環境づくりに取り組む。 
5.実習施設としての役割を自覚し、実習指導の充実をはかる。

看護管理室

看護管理室は、看護師を後方支援する部署です。

看護部門全般の情報を集めて業務や教育の計画を立て、個々の職員がよい看護を提供できるように支援します。

認定看護師

認定看護師とは、特定の分野において熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護ができる看護師を言います。

6カ月間の研修を修了し、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格した者に与えられる資格です。

専門的な知識を持って患者さんの看護に当たる事は勿論、看護師の指導や相談にも応じる役割を持っています。当院では認定看護師の活動を推進し、より質の高い看護の展開を目指していきたいと思います。
専門分野でのご質問がありましたら、ぜひご相談ください。

~認定看護師の紹介~ ※役割については日本看護協会より参照

【救急看護】

 (主な役割)

  ・救急医療現場における病態に応じた迅速な救命技術、トリアージの実施

  ・災害時における急性期の医療ニーズに対するケア

  ・危機状況にある患者・家族への早期的介入および支援  など

救急看護認定看護師 救急看護認定看護師

吉田 栄里

救急看護認定看護師
救急看護認定看護師

溝渕 智恵

 

【皮膚・排泄ケア】

 (主な役割)

  ・褥瘡などの創傷管理およびストーマ、失禁等の排泄管理

  ・患者・家族の自己管理およびセルフケア支援  など

皮膚・排泄ケア認定看護師皮膚・排泄ケア認定看護師

林 眞千子

00皮膚・排泄ケア認定看護師

福岡 沙織

 

【集中ケア】

 (主な役割)

  ・生命の危機状態にある患者の病態変化を予測した重篤化の予防

  ・廃用症候群などの二次的合併症の予防および回復のための早期リハビリテーションの実施

  (体位調整、摂食嚥下訓練等)  など

集中ケア認定看護師集中ケア認定看護師

古橋 美直子

集中ケア認定看護師集中ケア認定看護師

西森 陽子

 

【緩和ケア】

 (主な役割)

  ・疼痛、呼吸困難、全身倦怠感、浮腫などの苦痛症状の緩和

  ・患者・家族への喪失と悲嘆のケア など

緩和ケア認定看護師緩和ケア認定看護師

金澤 早苗

00緩和ケア認定看護師

安居 円

 

【がん化学療法看護】

 (主な役割)

  ・がん化学療法薬の安全な取り扱いと適切な投与管理

  ・副作用症状の緩和およびセルフケア支援

がん化学療法看護認定看護師がん化学療法看護認定看護師
中王子 美保

 

【訪問看護】

 (主な役割)

  ・在宅療養者の主体性を尊重したセルフケア支援およびケースマネジメント看護技術の提供と管理

koga訪問看護認定看護師

古賀 智美

 

【感染管理】

 (主な役割)

  ・医療関連感染サーベイランスの実践

  ・各施設の状況の評価と感染予防・管理システムの構築

感染管理認定看護師感染管理認定看護師

熊澤 史織

感染管理認定看護師感染管理認定看護師
駒井 博子

 

【糖尿病看護】

 (主な役割)

  ・血糖パターンマネジメント、フットケア等の疾病管理および療養生活支援

糖尿病看護認定看護師糖尿病看護認定看護師

鈴木 泰子

00糖尿病看護認定看護師
小森 正子

 

【手術看護】

 (主な役割)

  ・手術侵襲を最小限にし、二次的合併症を予防するための安全管理

   (体温・体位管理、手術機材・機器の適切な管理等)

  ・周手術期(術前・中・後)における継続看護の実践

fujimoto手術看護認定看護師

藤本 歩

 

【脳卒中リハビリテーション看護】

 (主な役割)

  ・脳卒中患者の重篤化を予防するためのモニタリングとケア

  ・活動性維持・促進のための早期リハビリテーション

  ・急性期・回復期・維持期における生活再構築のための機能回復支援

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

三田 洋希

 

【がん放射線療法看護】

 (主な役割)

  ・がん放射線治療に伴う副作用症状の予防、緩和およびセルフケア支援

  ・安全・安楽な治療環境の提供

00がん放射線治療看護認定看護師
佐藤 修秀

 

外来

外来の業務

外来には1日に約1300人の患者さんが来院されます。日々、患者さんの権利に配慮した安全で安心な外来医療を提供できるように努め、医師・薬剤師・栄養士・社会福祉士・事務等との協力体制をとりながら、院外では地域医療との連携を図っています。例えば内科では禁煙外来において看護の手助けで約60%の患者さんが禁煙に成功しています。外科系の処置のおいては介助時の言葉がけを行い不安の軽減できるように心がけています。また、周産期医療から小児医療も充実した地域に貢献できる看護を行っています。

外来待合
外来待合

診察案内モニター

診察案内表示用モニター

麻酔科処置室(ペインクリニック)

麻酔科処置室(ペインクリニック)

小児科処置室
小児科処置室

ICU・HCU

ICUの業務

集中治療室では内科系・外科系を問わず重症患者が入室され、医療技術の高度化に伴い、看護の提供においても非常に高い技術と知識が必要とされる部署です。そこで、症例検討会や、各科医師、コメディカルの協力により内容の濃い勉強会を開催してがんばっています。新しい知識を得ることにみんな楽しさを感じているようです。全身状態の密な観察とアセスメントにより患者の状態変化を早期に察知、対応しています。ICUという非日常的な環境の中でも人間らしい療養生活を送ることができるように患者さん、ご家族の思いを大切に関わることをモットーにしています。

HCUの業務

ICUレベルの重症病態にある患者をはじめ、あらゆる科の術後患者、救急患者が入室される、当院の急性期医療の中心を担う病棟です。また、入室患者の約7割が24時間以内に退室するという回転の速さも当病棟の特徴です。
HCU看護には、様々な科の患者に対応するための幅広い知識とスピードが要求されます。
HCUスタッフは、めまぐるしい環境の中で、患者の順調な回復を援助する看護の提供を目指し日々の業務に取り組んでいます。

ICU
ICU
HCU
HCU

 

 

病棟

病棟の業務

病室のすべてのベッドは窓に面して、採光は十分です。多人床(4人)は十分な広さと各ベッドに設置されたカーテンで、プライバシーが保たれています。また、電動ベッド、病室専用のトイレ、洗面所を備えています。3階には屋上庭園があり、家族との面会に利用され、四季を楽しむ事が出来ます。移動可能な患者さんは病棟食堂(パントリー)で食事をされ、患者さん同士の会話がはずみます。また、病棟によっては季節の行事を取り入れた催し物があります。患者さん・家族の方に入院してホッとできる環境をご提供するために、医師・薬剤師・栄養士・理学療法士・社会福祉士・看護師など様々な職種が連携し身体・心理・社会面でのサポートなど経過に会わせた看護を提供しています。スタッフ一丸となって笑顔とハートでがんばっています。

4C病棟(呼吸器センター)ここからリンク

呼吸器センターとして呼吸器内科及び呼吸器外科の病棟です。成長期の若者からご高齢の方まで幅広い年齢層の方への看護を提供しています。また周手術期の看護から慢性期そしてターミナル期までの幅広い看護を行っています。呼吸器外科は術前術後の看護、特に術後の早期離床に力をいれ、内科・外科ともに生活の援助、化学療法に対する関わりを行っています。また呼吸不全の患者さんに対し呼吸ケアや人工呼吸器(NPPV含む)の管理を行っています。呼吸器や特にNPPVに強くなりたい方大歓迎です。若いスタッフが多いですが、日々勉強しながら頑張っています。
呼吸ケアに興味のある方、リハビリの方とともに勉強会も開いています。外科も内科も経験できます。

 

5B病棟(緩和ケア病棟) ここからリンク

お産のご案内 ここからリンク

4床室
4床室
病棟食堂
病棟食堂
屋上庭園
屋上庭園
緩和ケア病棟クリスマス会
緩和ケア病棟クリスマス会

救命救急センター外来

救命救急センター外来の業務

 1次から3次救急まで24時間体制で、軽症から重症患者まで、年齢を問わずすべての診療科の対応を行っています。ヘリポートを設置しており、重症患者をいつでも受け入れる体制が確立され、また、緊急検査・手術にもすぐ対応できるよう他部門と連携を図り、質の高い医療・看護を提供しています。緊急度や重症度を判定するため、トリアージを行い診察の優先度を決定しています。
 東日本大震災の時には、DMAT(災害派遣医療チーム)1斑とJMAT(日本医師会災害医療チーム)2斑を派遣し、患者救出・避難所の巡回診察などの医療活動を行いました。
 救命救急センター看護師は、救急患者に対応できるように常に知識・技術を習得し、的確な判断・迅速な行動ができるようスタッフ全員がやりがいを感じ、日々努力しています。

救急救命センター ここからリンク

 救命救急センター外来

次々と救急車で搬送される患者さんにも速やかに対応します。

 

内視鏡センター

■内視鏡センターの業務

 平成20年から内視鏡検査室がセンター化され、前処置から検査終了後の観察まで責任を持って行っています。内視鏡検査・治療は日々多様化、進歩しており、知識・技術を向上させるための研修会への参加や部署内の勉強会など活発に取り組んでいます。
 また、安心・安全な検査治療の環境を目指し、感染予防や内視鏡及び周辺機器の維持管理について万全を尽くしています。すべてのスタッフが意識を高く持ち、患者さんの立場に立った対応を心がけています。

内視鏡センター ここからリンク

内視鏡センター

 

血液浄化センター

■血液浄化センターの業務

 電子カルテと連動した最新の透析システムで治療を行っています。医師・臨床工学技士と患者が納得して不安なく治療できる環境を目指して看護しています。若いスタッフが多く、センターも広く明るい職場です。透析経験がなくてもプリセプター制度できめ細かい教育を実施しています。

血液浄化センター ここからリンク

血液浄化センター

 

術前検査センター

■術前検査センターの業務

 患者さんの安全を第一に考え、安心して手術が受けられるように担当医師と連携し、手術の準備を行います。対象となる患者さんには、当センターでスケジュールを立て、手術に必要な検査や問診を行います。手術前の検査や問診を行うことにより、患者さん一人ひとりの全身麻酔手術のリスクを早期に発見することができ、手術への安全性を高めます。また、薬剤師や手術室看護師、当センタースタッフにより手術や入院に関する説明を患者さんやご家族に対して個別に行っています。

術前検査センター ここからリンク

術前検査センター

 

通院治療センター

■通院治療センターの業務

 従来化学療法は入院で行われる治療でした。近年では、治療を受ける患者さんが、平生の日常生活や社会生活を送りながら外来で治療を継続でき、その人にとって生活の質の維持、向上が保証されるよう、外来での治療が主流になってきました。

 化学療法を受けながら、副作用に対する支援を個別にさせていただき、患者さんが通常の生活・仕事を続け、家族と共に過ごす時間を大切にしながら通院での治療に専念できるよう支援させていただいております。

通院治療センター ここからリンク

通院治療センター

 

中央手術室

中央手術室の業務

 私たちは患者さんの不安を和らげながら、安心かつ安全に手術が行なわれる様務めています。
 手術は麻酔をかけ、メスを入れるというたいへん体に侵襲を与えます。もちろん精神的にも不安がついてまわります。その不安を少しでも和らげていただけるよう麻酔医・看護師による「術前訪問」、「母児同伴入室」を行なっています。
 日々進歩する医療機器は臨床工学士とともにスタッフが各科担当に分かれ各科医師とコンタクトをとりながら維持管理を行い手術に万全を尽くしております。
 また、心臓血管外科、脳神経外科などの緊急手術にも対応できる夜間体制をとっています。

 

中央手術科 ここからリンク

手術を安全に行うための申し送り
手術を安全に行うための申し送り
ご案内いたしますね
ご案内いたしますね

 

放射線科

■放射線科の業務

 X線や磁気を使って検査・治療を行う場所で、CT・MRI等造影剤を使用する検査やドレナージの挿入、心臓や頭部・腹部などの血管造影だけでなく血管拡張術や塞栓術など最先端のカテーテル治療にも携わっています。平成23年からは、救命救急センターでの夜勤も行っており24時間、緊急検査への対応ができるよう体制を整えております。
 日々進歩する医療の中で患者さんに安心して検査が受けられるよう努力し笑顔で対応しています。

section_g_1201
心臓カテーテル治療