治験のご案内

患者さんへ

■治験とは

新しい薬や医療機器の候補が病気に効果があるか、副作用はどのくらいあるのかなどを確認するために行う臨床試験のことです。 
新しい「薬の候補」が医療の現場で多くの患者さんに使用出来るようになるためには、事前に十分な有効性と安全性を確保する事が必要です。この「薬の候補」の有効性と安全性を確認し、国に医薬品として承認してもらうための、人を対象とした臨床試験のことを「治験」と呼びます。 
現在使用されているお薬も、この「治験」の過程のなかで多くの方の協力を経て生まれてきたものなのです。

しかし、予期せぬ副作用が起こる可能性があり、有効成分の入っていない偽薬(プラセボ)を使用して頂くこともあります。そのため、治験期間中は担当医師と治験コーディネーターが厳格に観察し、治験のサポートをします。

《新しい薬ができるまで》

基礎研究

薬となる可能性のある新しい物質を探したり、創り出したりします。

 2

非臨床試験

動物を用いて薬の有効性と安全性を確認します。

 3

臨床試験(治験)

人での薬の有効性と安全性を確認します。

治験には3つの段階があり(Ⅰ相~Ⅲ相)、健康な人や患者さんの協力を得て行います。

 4

承認審査・製造販売

治験のデータをもとに厚生労働省で厳しい審査が行われます。薬の有効性と安全性が確認されると、製造・販売が許可されます

 5

製造販売後調査

薬として販売された後に、治験では得ることができない日常診療下での薬の有効性と安全性の確認のための調査が行われます。

詳しくお知りになりたい方は、厚生労働省の「治験」ホームページをご覧ください。

■当院で実施中の治験

※当院では、健康ボランティアの方を対象とした治験は行っておりません。

A  診療科  整形外科
 対象者  関節リウマチ
B  診療科  整形外科
 対象者  関節リウマチ
C  診療科  整形外科
 対象者  関節リウマチ
D 診療科  整形外科
対象者  関節リウマチ
E 診療科  整形外科
対象者  関節リウマチ

 

F  診療科  整形外科
 対象者  骨粗鬆症

 

G  診療科  消化器内科
 対象者  潰瘍性大腸炎

 

H  診療科  呼吸器内科
 対象者  市中肺炎

 

製薬会社の方へ

新規治験の調査・申し込みは治験管理室へご連絡下さい。
各種申請書式・契約書等、治験に係わる手順書は治験管理室で電子媒体にてお渡しします。

お知らせ

治験倫理審査委員会の手順書、委員名簿及び会議の記録の概要については、治験管理室にて公開しております。