脳神経外科のご案内

脳神経外科の紹介

対象疾患と実施している手術・検査

脳卒中(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)、脳動脈瘤、脳動静脈奇形など血管障害
脳腫瘍、頭頸部外傷、脊髄疾患、三叉神経痛、顔面けいれんなどすべての疾患の迅速な診断と治療
脳動脈瘤などへの血管内治療は名古屋大学専門医が当院で治療を実施

■当院で治療ができないもの

ガンマナイフ治療:名古屋市内の大隈病院、名古屋共立病院、あるいは小牧市民ヘ即刻紹介可能
てんかん手術、不随意運動など特殊定位脳手術:名古屋大学において実施可能、即座に相談/依頼

最新の脳神経外科治療に必要な機器を完備

CTアンギオ検査室と脳外科手術室が10m以内にある
手術機器:ステルス・ナビゲーション装置手術顕微鏡(OLYMPUSとライカ)、SONOPETなど最新機器を整備
脳外科手術の術中モニタリング:脳波、SEP、MEP、ABRなどを頻用し安全性向上。病室では脳圧モニター
診断機器:CT-DSA併設血管撮影装置(血管内治療可能)、CT計3台、MRIx3台、24時間常に検査可能
治療機器:リニアック放射線治療装置、低体温治療機器、高圧酸素治療機器

施設認定

日本脳神経外科学会専門医認定制度指定訓練場所
日本脳卒中学会専門医認定制度研修教育施設

 

脳神経外科医師担当表 (2017年6月版)

医師担当表(全科)印刷

診察室等 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 診療時間・他
AM
診察室
19~20
住友 代務 圓若 代務 住友 交代制 一般外来
(再診予約制)
9:00~11:30 
※紹介外来も同様

特殊外来
(完全予約制)
第2木(梶田)
13:00~15:30
圓若 立花 河村 立花 河村
AM
診察室
18
代務
PM 特殊外来
第2:梶田

脳神経外科スタッフ紹介

スタッフ 専門医・認定医・専門分野等 略歴
50tatibana
立花 栄二
脳神経外科代表部長
日本脳神経外科学会専門医
名古屋大学医学部臨床講師
臨床研修指導医
専門分野:頭蓋底外科
広島大学卒
1989医師免許取得
インドへ手術留学
1998年10月赴任
50tatibana
住友 正樹
脳神経外科病棟部長
日本脳神経外科学会専門医 三重大学卒
2002年医師免許取得
2017年4月赴任
maruwaka
圓若 幹夫
脳神経外科外来医長
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
医学博士
福井大学卒
2004年医師免許取得
2016年1月赴任
52kawamura
河村 彰乃
脳神経外科病棟医長
日本脳神経外科学会専門医
日本医師会認定産業医
群馬大学卒
2005年医師免許取得
2014年7月赴任

 

脳神経外科トピックス

(準備中)