MENUCLOSE

文字サイズ

地域医療の真ん中に

診療科のご案内
膠原病内科

特色と治療方針

膠原病の特徴は、発熱、関節痛・筋痛、皮疹など多彩な症状を示し、肺・腎臓・血球系・神経などの臓器障害を伴うことがあり、複雑な病態を示す全身性疾患です。
  • 患
  • 者さんの心情や要望を理解することを念頭に置き、最適な治療を
    提供できるよう心がけています。

膠原病は、寛解・増悪を繰り返す慢性疾患で、長期の療養が必要となってきます。そのため、患者さんに、罹患された病気の特徴を知っていただくこと、治療の必要性を理解いただくこと、患者さんの心情や要望を理解することを念頭に置き、最適な治療を提供できるよう心がけています。
多関節痛や不明熱、多彩な症状や複数の臓器障害がみられる場合、膠原病が気になる場合などお気軽にご相談ください。

診療内容

診療全般
主な対象疾患は、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎・多発性筋炎、血管炎症候群、シェーグレン症候群、リウマチ性多発筋痛症などです。
治療
近年、膠原病の治療の進歩はめざましく、関節リウマチでは、寛解を目指し、従来の抗リウマチ薬に加え、生物学的製剤や低分子標的抗リウマチ薬(生物学的製剤と治療効果が同等と言われている経口摂取可能な薬剤)による治療、ステロイド抵抗性の難治性疾患に対しては、ヒドロキシクロロキンやミコフェノールモフェチルなど新たに登場した免疫抑制剤の併用などエビデンスに基づいた最新治療を積極的に行っています。

診療スタッフ

  • 水野 伸宏

    膠原病内科代表部長

    専門医・
    認定医・
    専門分野等
    日本内科学会認定内科医
    日本リウマチ学会専門医
    臨床研修指導医
    専門分野:膠原病内科全般
    略歴
    藤田保健衛生大学卒
    2000年医師免許取得
    2009年4月赴任

※受診の際は、受付時間・診察時間・休診日を必ずご確認ください。